• ツイートする

製品

Qスイッチルビーレーザーレーザー・光治療器

The Ruby Z1

The Ruby Z1 (ザ・ルビーZ1)サポート体制について

The RUBY Z1とは、メラニン起因の
色素系皮膚疾患のゴールドスタンダード

1983年にハーバード大学のRox R Andersonらによって確立された選択的光熱融解理論Selective Photothermolysisは、20年以上たった今でも皮膚レーザー治療のバイブルとして引用されています。
この理論に基づき、1990年に色素性皮膚疾患治療用のレーザーとして初めて登場したQスイッチ・ルビーレーザーは、その歴史の中でゴールドスタンダードとしての立場を強固に築き上げてきました。
数あるQスイッチレーザーの中で、なぜルビーがスタンダードなのか? どうしてルビーには根強いファンがいるのか?
長年のノウハウと妥協しない、技術の結晶The Ruby Z1―それが答えです。

  • 選ばれる理由
  • 優れているポイント
  • 製品の特長
  • 適応症例
  • スペック

色素系皮膚疾患治療にThe Ruby Z1が選ばれる理由

メラニン選択性の高い波長

メラニン選択性の高い波長

※画像クリックで拡大します。

Selective Photothermolysisによると、レーザーで色素性皮膚疾患を治療する際に、メラニン色素と酸化ヘモグロビンとの光吸収度の大きい波長領域(Optical Window)を使用することで選択的な治療が可能になるとされています。光の波長吸収特性では、ルビーレーザー光の波長(694nm)付近は酸化ヘモグロビンへの吸収が非常に低く、メラニンにおける吸収が高いレベルにあることがわかります。

メラニンへの光吸収は短波長になるにつれ高くなりますが、血管にも強く吸収されるため、真皮深層へ十分に届かず、毛細血管を破壊して紫斑を生じることもあります。一方、アレキサンドライト(755nm)やYAG(1064nm)の波長は、メラニン吸収がルビーより少なくなるため、メラニンの薄い病変部には吸収されにくくなります。さらに、これらの波長域は酸化ヘモグロビンにも吸収されるため、血管にダメージを与え出血することもあります。波長選択においてルビーの波長はメラニン吸収のOptical Windowの中心であり、Selective Photothermolysisの第一原理に完全合致するため、メラニンの顆粒を最も選択的に破壊し、周囲組織へのダメージを最小にして、色調の薄い病変でも鋭い反応性をもつことができるのです。これがいわゆる“ルビーはキレがよい”といわれる由縁です。

疾患に合わせ照射時間を選択可能

The Ruby Z1は、症例に合わせてQスイッチとノーマルパルス2つの異なるパルス幅(照射時間)を有するモードが選択できます。
深在性疾患、表在性疾患と病変部の状態に合わせた適切な照射時間を選択することで、浸襲の少ない治療が可能です。
また照射時間を変えたコンビネーション治療により、治療の幅が広がります。

深在性色素疾患への高い効果と深達性(Qスイッチモード)

ルビーレーザーの光エネルギーは、組織中のメラニン顆粒に選択的に吸収されて熱に変わります。この時、The Ruby Z1のQスイッチモードのパルス幅20nsecは、メラニン顆粒の熱緩和時間50nsecよりも短いため、メラニン顆粒が周囲に熱を放出する前に破壊します。

The Ruby Z1は、1990年代にRox R Andersonらが設計したスペック25nsecよりも5nsec短くする事に成功しました。照射時間が、メラニン顆粒の熱緩和時間より短ければ短い程、周囲組織に放熱する熱量が小さくなり、より効率的に治療の選択性が上がります。また、同じエネルギー量(J/cm2)では、25nsecに比べ、20nsecの方がピークパワー(光の強度)は25%高くなります。

The Ruby Z1のQスイッチモードは、真皮メラノサイトーシスや、刺青などの治療時に、強力なレーザー光で深部のメラニン顆粒を破壊します。この時、同時に発生するAcoustic Shock Wave(衝撃波)によって、メラノサイトも損傷するため再発しないとされています。また、真皮内で破壊されたメラニン顆粒は粉々になるため、マクロファージに貪食されることで、次第に色素が消退していきます。

Qスイッチモード照射時

Qスイッチモードの図

表在性皮膚色素疾患への鋭い反応性(ノーマルモード)

ルビーレーザーでは照射時間を200μsecのノーマルパルスに設定すると、表皮を選択的にか皮化させることが出来ます。これは、照射時間がメラニン顆粒の熱緩和時間より長く、表皮の熱緩和時間より短いからであり、またQスイッチに比べるとピークパワーの低い弱い光だからです。

メラニン顆粒に吸収されたレーザーエネルギーは熱に変わり、メラニンからの放熱により周囲組織に熱が伝わり、全体の温度が上昇します。200μsecの照射時間は表皮の熱緩和時間3〜10msecより十分に短く、熱伝導は表皮に留まるため、表皮はタンパク変性が起こりますが、真皮層への損傷は最小限に抑えられます。これによって表在性色素疾患を含む表皮は壊死し、か皮として脱落するため、加齢性色素斑や日光性色素斑等の症例に対し真皮にダメージを与えず、炎症反応の少ない治療が可能になります。

Qスイッチモードに比べて、マイルドな治療なので炎症後色素沈着の発生が少なくなり、患者様満足度の高い治療が実現できます。
扁平母斑や表皮母斑等の再発しやすいとされる症例に対しては、Qスイッチとのコンビネーションが有効という報告があります。

ノーマルパルスモード照射時

ノーマルパルスモード照射時の図

表在性皮膚色素疾患への鋭い反応性(ノーマルモード)

「The Ruby Z1」は、非常に高いピークパワーを安定して照射できるように設計されています。強力なエネルギーは皮膚の深部へ到達し、深在性色素性皮膚疾患に高い反応性を示します。
カライドスコープ(特許取得)によって正確な六角形スポットに均等な強度のエネルギーを与えることができます。病変部全体へ均一に照射することができるため、円形スポットでの照射漏れや、重ね射ちによる色素脱失等の治療ムラがなくなり、確実な治療成績が得られます。

ノーマルパルスモード照射時

ノーマルパルスモード照射時の図

表在性皮膚色素疾患への鋭い反応性(ノーマルモード)



The Ruby Z1は、フラットで切れのいいビームが照射されますので、均一なホワイトニングが起こり、照射部位の境界が明瞭です。白く抜けた皮膚はレーザー光を反射しますので多少のオーバーラップを気にする必要はありません。 The Ruby Z1のMAXパワーは十分に余裕をもって設計されていますので、ホワイトニングが起こる最小のパワーを選択して治療することで、病変部を素早くかひ化へと導き、可能な限り炎症を抑えた治療が実現できるのです。

特許取得のカライドスコープ・ハンドピースを採用

※画像クリックで拡大します。

均一な照射が可能なトップハット型ビーム

治療効果を高める六角照射形

均一な照射が可能なトップハット型ビーム

特許取得のカライドスコープ・ハンドピースを採用。
エネルギー密度が均一であるため、創面がフラットで、効率よくムラのない照射が可能です。

治療効果を高める六角照射形

六角照射形により、すき間や重ね打ちを防ぎ、均一な治療ができるので治療効率を高めます。

治療をスピーディにする1.25Hz

繰り返し照射スピードが1.25Hzに早まり、ルビーレーザーでは国内最速の1分間75ショットを可能にしました。
0.5Hzで照射することもできます。

使いやすいハンドピース

先端関節部を3関節に改善し、従来より操作性が大幅に向上。
細かい動きもスムーズで、さらに使いやすくなりました。

7関節アーム

高いビームクオリティ

7関節アームを採用

ウェイトバランスの軽量化を実現し、操作性を高めました。
また、光軸精度が高まり、より安定性が増しました。

ガイド光で位置決めが容易

赤色ガイド光によって容易に照射位置を決定できます。

ハイパワー、かつ高いビームクオリティ

最大21.7mm2の大スポットで余裕の10J/cm2を実現。 ※0.5Hzの場合
さらに、最高水準のビームモードにより、治療ムラの心配もありません。

高い操作と実用性を兼ね備えた操作パネル

操作ボタンのレイアウトや表示パネルなど、細部にまで実用性を重視し設計しました。

技術の粋を集めた高性能レーザー

東海大学理学部物理学科、(財)応用光学研究所との産学共同プロジェクトにより、研究開発。抜群の安定性と使い勝手のよさを追求しました。

表在性色素斑(シミ・ソバカス)
深在性色素斑(太田母斑、異所性蒙古斑、真皮メラノサイトーシス)等


診療報酬について

・Qスイッチ付レーザー照射療法は、頭頸部、左上肢、左下肢、右上肢、右下肢、腹部又は背部のそれぞれの部位ごとに所定点数を算定する。また、各部位において、病変部位が重複しない複数の疾患に対して行った場合は、それぞれ算定する。
・Qスイッチ付ルビーレーザー照射療法及びルビーレーザー照射療法は、太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症、扁平母斑等に対して行った場合に算定できる。 なお、一連の治療が終了した後に再発した症例に対して当該療法を行う場合には、同一部位に対しては初回治療を含め2回を限度として算定する。

平成24年度 診療報酬改定に関してのご案内
レーザーの種類 ルビーレーザー
発振波長 694nm
パルス幅 Qスイッチ発振時 20nsec
ノーマル発振時 200μsec
最大出力 Qスイッチ発振時 10J/cm2
ノーマル発振時 40J/cm2
繰り返し照射数 0.5Hz/1.25Hz
照射モード リピート照射可
スポットサイズ 標準:5.8 mm*(対角)/6角形
* 公称値
冷却方式 内部冷却水循環方式
外形寸法 495(W)×782(D)×1155(H)mm
重量 182kg
定格電源 100V/200V、3.5KVA
医療機器製造販売承認番号 16200BZZ00173000
クラス分類 クラス
高度管理医療機器・特定保守管理医療機器・設置管理医療機器
※商品の仕様、外観および価格は改良のため、予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
お問い合わせ・資料請求はこちら

※クリックすると、下に「お問い合わせフォーム」が表示されます

弊社へのお問い合わせはこちらのフォームからお問い合わせください。

* 印は必須項目ですので、ご記入をお願いいたします。
*氏名
例) 山田 太郎
*施設名
例) ABC美容外科
*属性
*診療項目
郵便番号 例) 113-0034
*ご住所の都道府県
*市区町村番地
例) 文京区湯島3-31-3
建物名
例) 湯島東宝ビル
*e-mail (半角英数字で)
例) sample@sample.co.jp
*TEL 例) 03-5688-1803
FAX 例) 03-5688-1805
*ご希望の対応方法
※複数選択可
※メールでの対応をご希望の場合であっても、内容によってはお電話をさせていただくこともあります。予めご了承くださいませ。




*お問い合わせの商品
※複数選択可



















*お問い合わせ内容
(1000文字以内)

※次の画面で入力した内容をご確認ください。

関連製品