• ツイートする

製品

QスイッチYAGレーザーレーザー・光治療器

MedLite C6

MedLite C6(メドライトC6)サポート体制について

色素性疾患レーザーのパイオニアであるConBio社が
20年以上にわたり蓄積した技術とノウハウの結晶

米国ConBio社は1991年の会社設立以来、20年以上にわたり医療用レーザーを市場に送出し続ける、業界屈指の歴史と実績を誇るレーザーメーカーです。

ConBio社のメドライトシリーズは、皮膚科レーザーの世界に革新をもたらし、色素性皮膚疾患および刺青治療におけるゴールドスタンダードとして広く世界に浸透しています。
QスイッチNd:YAGレーザー「メドライトC6」は、ConBio社の技術の粋を集めて設計された、高い信頼性と幅広い治療をカバーするレーザーとして、グローバルな市場で認知されています。

  • 選ばれる理由
  • 製品の特長
  • 適応症例
  • スペック

確かな技術と高いクオリティ

高い臨床効果と信頼性を誇るNd:YAGレーザー

高い臨床効果と信頼性を誇るNd:YAGレーザー

Nd:YAGとは、イットリウム・アルミニウム・ガーネットを含む結晶にネオジミウムを添加して作られたレーザー媒質で、これを用いたNd:YAGレーザーは医療以外にも工業を始め、多くの実用分野で広く導入されており、技術的にも安定した信頼性の高いレーザーとして知られています。

メドライトC6は、ConBio社が長年の経験で培ったNd:YAGレーザーの技術を結集し開発された、高い臨床効果と信頼性を兼ね備えたレーザーシステムとして、世界の臨床現場で愛用されています。

2つの波長で幅広い適応をカバー

2つの波長で幅広い適応をカバー

※画像クリックで拡大します。

メドライトC6は1064nmと532nmの2つの波長を搭載し、症状に応じて使い分けることにより、幅広い適応に対応します。1064nmはメラニン色素に穏やかに吸収され、深い侵達深度が得られます。532nmは、メラニン色素への吸収が非常に高く、浅いターゲットに対して効率よく作用します。

さらに、1064nmを低出力で照射する治療法であるレーザートーニングにより、従来レーザー治療が禁忌とされていた肝斑を改善することが可能となりました。




超短パルスを実現するQスイッチモード

Qスイッチとは、ポッケルスセルという超高速な電子的シャッター機構を装備することにより、ナノ秒単位の超短パルスで瞬時に非常に高いピークパワーのレーザー光を発振させる技術です。
メドライトC6はQスイッチを採用し、高いピークパワーとナノセカンド単位の超短パルスを実現し、高い臨床効果と副作用の少ない治療を実現します。
Qスイッチを採用することにより、瞬時に極めて高いエネルギーのジャイアント・パルスと呼ばれるレーザー光を放出し、吸収ターゲットであるメラニン顆粒が瞬間的に加熱されます。その際の急速な加熱で生じる光音響効果(Photo Accoustic Effect)によりメラニン顆粒が粉砕され、貪食細胞によって除去されます。

ハーバード大学のRox Andersonが提唱した選択的光熱融解理論は、波長・パルス幅およびエネルギー密度を適正化することにより、周囲組織を温存しつつ病変を選択的に治療する方法論として皮膚レーザーでは広く確立されています。メドライトC6はQスイッチを搭載した超短パルスとメラニン色素への吸収特性の異なる2波長を用いることにより、表在性から深在性まで幅広い色素疾患に対し、選択的光熱融解理論に合致した、効果的な治療が可能となります。

レーザー照射時

レーザー照射時の図

均一性の高いトップハット・ビーム

旧来のQスイッチNd:YAGレーザーでは、ビーム中心部のエネルギー密度が高く、辺縁部になるに従い低密度になるガウシアン・ビームといわれるエネルギー分布が主流でした。メドライトC6は、独自の技術によりビーム全域にわたりエネルギー密度が均一なトップハット・ビームを実現し、均一でムラの少ないビームプロファイルにより、術後治癒が早く副作用を抑えた治療を可能にしました。

ビームプロファイル

ビームプロファイル

2種類のレーザー選択で幅広い治療が可能

1台で532nmと1064nmの2波長を選択でき、表在性から深在性まで色素性疾患のタイプに応じて適切な治療が可能です。

波長532nm
532nmの可視領域(緑色)のレーザー光は、メラニンや赤系インクに吸収されやすい特性があり、メラニンによる色素性病変部や赤系のインクの除去に適しています。
波長1064nm
1064nmの近赤外域のレーザー光は、暗色(黒/青)色素性病変部の除去や黒系のインクの除去に適しています。

トップハット型のビーム光

トップハット型のビーム光

スポットサイズ可変ハンドピース

均一なエネルギーを届けるトップハット・ビームを採用しているため、フラットな創面による高い治療効果と副作用のリスクを軽減します。また、レーザートーニングによる肝斑治療も可能です。

スポットサイズ可変ハンドピース

使い勝手のよいマルチスポットハンドピースを採用し、ハンドピースを取り換えることなく、治療に応じて3mmから8mmまで手元でスポットサイズを可変できます。

ガイド光で位置決めが容易

赤色ガイド光によって容易に照射位置を決定でき、ストレスの少ない治療を行うことができます。

スピーディな治療を実現

1秒間に最高10ショットの高繰返し照射が可能なため、治療部位が広範囲でもスピーディに治療ができます。

ランニングコストが少なく経済的

消耗品が少ないため、ランニングコストを抑えることができ、たいへん経済的です。

設置場所を選ばないコンパクト設計

本体が軽量かつコンパクトでキャスター付きのため、限られた診療スペースでも設置場所を選ばず、移動もスムーズです。

操作性が高く、簡便

操作性が高く、治療をスムーズにする多関節アームと使いやすい操作パネルにより、治療に負担をかけません。

電源工事不要

100Vの通常電源で使用できるため、設置のための特別な工事は必要ありません。

治療の幅を広げるメドライトC6

深在性色素疾患

深在性色素疾患のレーザー治療では、真皮の病変部に光を到達させるために輝度の高い光を用いる必要があります。メドライトC6は、深部侵達性の高い1064nmの波長に加え、Qスイッチの採用により極めて高いピークパワーを得られるため、深部疾患の病変部にも十分に必要なエネルギーを与えることができます。

表在性色素疾患

表在性色素疾患の治療では、メラニンへの吸収が高く、表皮の色素を効率良く加熱・破壊させることができる532nmの波長を用います。トップハット型ビームでのホットスポットのない均一なエネルギー分布により、早い術後治癒と色素沈着などのトラブルの少ない治療を実現します。

肝斑(治療名:レーザートーニング)

レーザートーニング

従来のレーザー治療ではリスクが高く禁忌とされていた肝斑治療も、メドライトC6を用いたレーザートーニングによって行うことが可能となりました。

1064nmの波長で低出力照射をするレーザートーニングにより、穏やかな加熱でメラニン色素を非侵襲的に除去し、炎症による増悪や色素沈着を抑えながら症状を改善していくことができます。最大10Hzの高速連射により、全顔にわたる広範囲の治療も素早く行えます。


レーザーの種類 Nd:YAG
発振波長 1064nm / 532nm
パルス幅 6nsec
最大エネルギー密度 1064nm 12J/cm2(3mmφ)
532nm 5J/cm2(2mmφ)
繰り返し照射数 1,2,5,10Hz 及び単発パルス
スポットサイズ 2,3,4,6mm(532nm)/3,4,6,8mm(1064nm)
ガイド光 ダイオードレーザー(650nm)<1mW
外形寸法 305(W)×725(D)×810(H)mm
重量 57.6kg
定格電源 100VAC / 12A
医療機器製造販売承認番号 22200BZX00869000
クラス分類 クラス
高度管理医療機器・特定保守管理医療機器・設置管理医療機器
製造販売元 株式会社ジェイメック
使用目的、効能又は効果 体表面の刺青と肝斑を含む色素性病変の蒸散及び除去
※商品の仕様、外観および価格は改良のため、予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
お問い合わせ・資料請求はこちら

※クリックすると、下に「お問い合わせフォーム」が表示されます

弊社へのお問い合わせはこちらのフォームからお問い合わせください。

* 印は必須項目ですので、ご記入をお願いいたします。
*氏名
例) 山田 太郎
*施設名
例) ABC美容外科
*属性
*診療項目
郵便番号 例) 113-0034
*ご住所の都道府県
*市区町村番地
例) 文京区湯島3-31-3
建物名
例) 湯島東宝ビル
*e-mail (半角英数字で)
例) sample@sample.co.jp
*TEL 例) 03-5688-1803
FAX 例) 03-5688-1805
*ご希望の対応方法
※複数選択可
※メールでの対応をご希望の場合であっても、内容によってはお電話をさせていただくこともあります。予めご了承くださいませ。




*お問い合わせの商品
※複数選択可



















*お問い合わせ内容
(1000文字以内)

※次の画面で入力した内容をご確認ください。

関連製品

お問い合わせ・資料請求はこちら