WEBSHOWROOM WEBSHOWROOM コーポレートサイトへ

ザ・ルビーZ1 ネクサス

The Ruby Z1 Nexus

色素性皮膚疾患治療のゴールドスタンダード※
ワンランク上のルビーレーザー
※Qスイッチルビーレーザー

The Ruby Z1 Nexus (ザ・ルビーZ1 ネクサス) The Ruby Z1 Nexus (ザ・ルビーZ1 ネクサス)
The Ruby Z1 Nexus (ザ・ルビーZ1 ネクサス)

より綺麗に ルビーレーザーの実力

各種色素病変に対し、様々な波長の機種が存在しますが、中でもルビーレーザーは、その吸収特性から、より綺麗にリスク少なくアプローチをすることができます。

ルビーレーザーの波長694nmはQスイッチレーザーの中でも特に、酸化ヘモグロビンよりもメラニンに吸収される波長です。(波長特性参照)血管への熱ダメージ少なく、メラニンに対し鋭く反応する、薄いシミや治療を重ねた色素母斑をもっと綺麗にしてあげたい、そんな想いをルビーレーザーで実現しませんか。

The Ruby Z1 Nexus (ザ・ルビーZ1 ネクサス)

リスクを最小限に治療する、Z1 Nexusが提供する新しい可能性

改良された新型Z1 Nexusは多くの可能性を秘めています。

表在性色素疾患に対するノーマルパルス照射
色素病変は全てQスイッチという概念が定着して数年が経った今、ノーマルパルスに再び着目する先生方がおります。Qスイッチの深達度ではどうしても防ぐことのできない真皮層への熱ダメージ、当然PIHの大きな要因の一つです。これに対し深達度が低いノーマルパルス発振の照射であれば、真皮への熱ダメージを防ぎながら表在性の病変を除去することが可能です。※照射後基底層に沿って空隙を形成し表皮が剥離することを確認しております。

異所性蒙古斑に対する低フルエンス照射
特に体幹部の異所性蒙古斑は色素脱失やPIH等の副作用が強いと報告されております。「反応が強すぎて副作用が心配」とルビーを避けていた先生方のお声も聞いております。新型Z1 Nexusでは最小出力2J/㎠からの照射が可能です。ルビーレーザーの切れ味と、低出力照射を両立することで、リスクを回避しながらも治療をすることが可能となりました。

The Ruby Z1 Nexus (ザ・ルビーZ1 ネクサス)

独自技術「カライドスコープ」による均一なエネルギー
均一かつ正確な照射が治療効果を高めます

JMEC独自の技術、カライドスコープは安全な治療を後押しします。病変を正しく診断する医師の目と同様に、病変にアプローチし先生の手となるレーザーは重要です。どれほど正しく診断し適した出力を選択しても、想定した出力を照射できなければ効果は半減します。Z1 Nexusに搭載されたカライドスコープはエネルギー密度を限りなく均一化し、適正なエネルギー投与をサポートします。病変部はフラットな創面が形成され、良好な創傷治癒が期待できます。

※はじめに、ご覧になる端末を選択してください(PC/モバイル)

スペック

レーザーの種類 ルビーレーザー
発振波長 694 nm
パルス幅 Qスイッチ発振時 20 nsec( 最高出力時)
ノーマルパルス発振時 300 μsec (最高出力時)
フルエンス Qスイッチ発振時 2〜10 J/cm2(照射条件による)
ノーマルパルス発振時 10〜40 J/cm2(照射条件による)
繰返し照射数 繰返し照射数Qスイッチ発振時  0.5、 1.0、 1.5、 1.75 Hz(照射条件による)
ノーマルパルス発振時 0.5 Hz
照射モード リピート照射可
スポットサイズ 対角 4、5、6、7 mm 六角形
ガイド光 635 nm, CW, ≦ 1 mW
冷却方式 内部冷却水循環方式
外形寸法 428(W) × 915(D) × 995(H) mm 多関節アーム含まず
重量 150 kg
定格電源 200 V、 3.5 kVA、 50 / 60 Hz
医療機器製造販売承認番号 30200BZX00022000
クラス分類 クラスⅢ
高度管理医療機器・特定保守管理医療機器・設置管理医療機器
レーザー製品のクラス分け クラス4
使用目的、又は効果 本品は、正常皮膚と色素沈着性母斑などの色素沈着部位との分光特性の差を利用し、ルビーレーザ光がこれら色素沈着部位に選択的に吸収されることにより、これらを破壊し治療するものである。また、刺青の除去にも使用する。
製造元および製造販売元 株式会社ジェイメック
販売名 ザ・ルビー Z1 Nexus
製品カタログ pdfPDFのマークをクリックして、ご覧ください。
添付文書 pdfPDFのマークをクリックして、ご覧ください。
診療報酬 Qスイッチ付ルビーレーザー照射療法、およびルビーレーザー照射療法は、太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症、扁平母斑等に対して行った場合に算定できます。(令和2年診療報酬点数表による)

※商品の仕様、外観および価格は改良のため、予告なしに変更することがありますのでご了承ください。