WEBSHOWROOM WEBSHOWROOM コーポレートサイトへ

光治療スキンケアマニュアル ―しみ・そばかす―

光治療は、表皮に大きなダメージを与えることなく、主に色調の皮膚老化に対して効果が期待できる人気の高い治療です。

色素斑の部位のみを照射するレーザー治療と異なり、部位健常部位が照射範囲に含まれることも多いため、日焼け等のメラニン増強には特に注意が必要になります。

より安全で治療効果を高めるためには、治療前後の適切なスキンケアが重要です。
光治療期間中のおすすめスキンケアを手順ごとに解説します。

シミ・そばかす(光治療)のおすすめスキンケア

プレトリートメント

1.プレトリートメント

皮膚への刺激や炎症を抑えるスキンケアが大切です。
メラニン生成を抑制するハイドロキノン等を使用すると、治療効果の向上や、メラノサイト活性低下によるPIH軽減が期待できると考えられています。

・十分な遮光
・摩擦を抑えた洗顔
・ハイドロキノン配合クリーム

光照射(治療当日)

2.光照射(治療当日)

施術時の日焼け止めやメイクの残存は、治療効果の低下や予想外の炎症につながることがあります。
マイクロクラストが形成された場合は、バリア機能が一時的に低下することから乾燥しやすくなるため、バリア機能を補助するような保湿をおすすめします。

・洗浄力の高い院内用洗顔料
・バリア機能を補助する保湿剤

アフタートリートメント

アフタートリートメント

3.アフタートリートメント

マイクロクラストが脱落するまでの間は、摩擦を軽減するワンステップタイプの洗顔料がおすすめです。
PIH軽減や再発予防のため、日焼け止めと美白剤の使用を継続します。

・摩擦を軽減するワンステップの洗顔料
・日焼け止め
・美白剤