• ツイートする

製品

QスイッチNd:YAGレーザーレーザー・光治療器

Fotona QX

Fotona QX(フォトナ QX)

色素性皮膚疾患・刺青除去治療の幅が広がる
ハイパフォーマンスレーザー

医療用レーザーのパイオニア
50年以上続く、ヨーロッパ屈指のレーザーメーカー

1960年、米国のセオドア・H・メイマンは、ルビー結晶を用いた世界初のレーザー発振に成功しました。
そのわずか4年後の1964年に設立されたFotona社は、50年以上も続くヨーロッパ屈指の老舗レーザーメーカーです。
ヨーロッパで培われた高い技術力を集結したレーザー装置は、世界60ヶ国以上2万5千台もの導入実績を誇り、世界中の医師に愛用され、高く評価されています。



簡単操作の肌画像カウンセリングシステム re-Beau(レビュー)はこちら→

  • 選ばれる理由
  • 製品の特長
  • 適応症例
  • スペック

色素性皮膚疾患・刺青治療のゴールドスタンダード ※1

高い臨床効果と信頼性を誇るNd:YAGレーザー

Nd:YAGとは、イットリウム・アルミニウム・ガーネットを含む結晶にネオジミウムを添加して作られたレーザー媒質で、これを用いたNd:YAGレーザーは、医療以外にも工業を始め、多くの実用分野で広く導入されており、技術的にも安定した信頼性の高いレーザーとして知られています。
長年の経験で培ったNd:YAGレーザーの技術を結集し開発された、高い臨床効果と信頼性を兼ね備えたレーザーシステムとして、世界の臨床現場で愛用されています。

2つの波長で幅広い適応をカバー

吸収スペクトラム

1064nmと532nmの2つの波長を搭載し、症状に応じて使い分けることにより、幅広い適応に対応します。
1064nmは、メラニン色素に穏やかに吸収され、高い深達度が得られます。
532nmは、メラニン色素への吸収が非常に高く、浅いターゲットに対して効率よく作用します。
さらに、近年では1064nmによる低出力照射が行われ、色素斑を徐々に改善させる治療法として、高く評価されています。ダウンタイムや痛みがほとんどないのが特長です。




超短パルスを実現するQスイッチモード

Qスイッチとは、ポッケルスセルという超高速な電子的シャッター機構を装備することにより、ナノセカンド単位の超短パルスで瞬時に、非常に高いピークパワーのレーザー光を発振させる技術です。高いピークパワーとナノセカンド単位の超短パルスを実現し、高い臨床効果と副作用の少ない治療を実現します。
Qスイッチを採用することにより、瞬時に極めて高いエネルギーのジャイアント・パルスと呼ばれるレーザー光を放出し、吸収ターゲットであるメラニン顆粒が瞬間的に加熱されます。その際の急速な加熱で生じる光音響効果(Photo Accoustic Effect)により、メラニン顆粒が粉砕され、貪食細胞によって除去されます。

ハーバード大学のRox Andersonが提唱した選択的光熱融解理論は、波長・パルス幅、およびエネルギー密度を適正化することにより、周囲組織を温存しつつ、病変を選択的に治療する方法論として、皮膚レーザーでは広く確立されています。
Qスイッチを搭載した超短パルスとメラニン色素への吸収特性の異なる2波長を用いることにより、表在性から深在性まで幅広い色素疾患に対し、選択的光熱融解理論に合致した、効果的な治療が可能となります。

レーザー照射時(イメージ図)

レーザー照射時(イメージ図)

※1 QスイッチNd:YAGレーザー

高い治療効率と副作用の軽減

ヨーロッパで長年培われた高い技術力とノウハウを集結した「Fotona QX」は、ワンランク上の色素性皮膚疾患治療を実現するレーザー装置です。
非常に高いピークパワーを安定して照射できるように設計されており、強力なエネルギーは皮膚の深部へ到達し、深在性色素疾患に高い反応を示します。さらに、独自技術による理想的なビームプロファイルにより、治療効率を高め、副作用の少ない治療を実現します。

1.ハイパワー

ハイパワーのメリット

従来の高出力QスイッチNd:YAGレーザーでは、高い出力を確保するため、ダブルパルスを採用しています。
一方、「Fotona QX」は、最大出力1600mJをシングルパルスで実現し、最高レベルのピークパワー(最大300MW以上)を可能にしました。
ピークパワーの高いエネルギーは、深達度が高いことが知られており、真皮病変治療において、重要なポイントです。また、大きなスポット径の設定でも十分なエネルギー密度※2で照射することができるため、治療効率の向上や治療時間の短縮につながります。
※2:1064 nm、8 mmΦ使用時:最大3.2 J/cm2、 532 nm、6 mmΦ使用時:最大2.1 J/cm2

「Fotona QX」のシングルパルスが、従来のダブルパルスよりも優れている理由

パルス発振によるピークパワーと深達度の違い

1パルスでエネルギーを発振するシングルパルスは、非常に高いピークパワーを得ることができます。ところが、従来のダブルパルスでは、1ショットの中で分割されたエネルギーが2パルスで発振されるため、ピークパワーはシングルパルスに比べ、低くなります。 さらに、ダブルパルスでは、1パルス目の直後に発生するガスや水蒸気が、2パルス目の到達を妨げるという報告もあります。 装置から発振されるエネルギー量はどちらも同じでも、ピークパワーによる深達度とエネルギー効率に差が生じるため、シングルパルスの方が真皮病変治療に有利であると考えられています。
引用:CENCIC, Boris, et al. High fluence, high beam quality Q-switched Nd: YAG laser with optoflex delivery system for treating benign pigmented lesions and tattoos. J. Laser Health Academy, 2010, 1: 9-18.

2.大きなスポットサイズ

スポット径の比較

治療にかかる時間を少しでも短縮することは、術者・患者の負担の軽減につながり、治療をする上で重要です。
532nm/1064nm共に、ハイパワーによって得られる十分なエネルギー密度により、最大8mmφの大きなスポット径を実現し、よりスピーディな治療を可能にします。
スポットサイズは、1mm刻みで選択できるため、治療に合わせて細かく設定することができます。(2〜8mmΦ)

3.理想的なビームプロファイル

研究開発の積み重ねと高い技術力のもと、より精度の高いトップハット・ビーム(エネルギー密度の均等化)を実現しました。(Vacuum Cell Technology)
これにより、照射ムラの少ない効率的な治療を可能にします。さらに、フラットな創面の形成、良好な創傷治癒、色素沈着や色素脱失、瘢痕などの副作用のリスク軽減が期待されます。

照射エネルギーのイメージ 実際の照射

高い操作性

高い操作性

1. 15段階の繰返し周波数
治療の用途や部位、術者によって、照射しやすい繰返し周波数を細かく設定することができます。
(0.5〜5Hzは0.5刻み、 6〜10Hzは1刻み)


2. 照射野がクリアなガイド光
患部が見やすい形状のガイド光を搭載。スポット径と連動しており、ガイド光と一致したサイズの治療光を照射することができます。(標準ハンドピース)


3. 動きがスムーズなOPTOflex ® アーム
人間工学に基づいたデザインのアームは、操作性が高く、術者の負担を軽くすると同時に、安全性・作業効率を高めます。 ウエイトがなく、動きが非常にスムーズです。(特許取得)


4. 円形・正六角形の照射スポット
手元で波長・スポット径を設定できる丸形スポットのマルチプル・ハンドピースと照射ムラが少ない正六角形スポット・ハンドピース※3をお選びいただけます。
※3:オプション


5. 便利なショットカウンター
治療にかかるショット数を患者ごとに把握することができる、便利な自動ショットカウンター機能付きです。リセットも簡単にできます。


6. 標準装備のワイヤレス・フットスイッチ
見た目がすっきりとしてケーブルが邪魔にならない、ワイヤレス・フットスイッチを標準装備しています。ケーブル接続も可能です。


万全のサポート体制

装置を熟知したレーザー技術者によるメンテナンス体制は、日本全国を網羅。パーツ等の供給も迅速に対応いたします。さらに、長年皮膚形成市場で培った臨床ノウハウを活かした実際の診療に役立つ情報の提供等、臨床サポート体制も充実しています。

深在性色素疾患

深在性色素疾患のレーザー治療では、真皮の病変部に光を到達させるために輝度の高い光を用いる必要があります。
Fotona QXは、深達度の高い1064nmの波長・Qスイッチモードに加え、高エネルギーをシングルパルスで照射することにより、極めて高いピークパワーを得ることができ、真皮病変部にも十分に必要なエネルギーを与えることができます。

表在性色素疾患

表在性色素疾患のレーザー治療では、メラニンへの吸収が高く、表皮の色素を効率よく加熱・破壊させることができる532nmの波長を用います。より精度の高いビームプロファイルのトップハット・ビームを有するFotona QXは、ホットスポットのない均一なエネルギー分布により、スムーズな術後治癒と色素沈着などの副作用の少ない治療を実現します。

レーザートーニング

1064nmの波長・トップハットビームでの低フルエンス照射は、衝撃波による空砲化現象を引き起こすことなく、メラニン色素を非侵襲的に変性・代謝させ、炎症による増悪や色素沈着を抑えながら、症状を改善していくことができます。
Fotona QXは、最大10Hzの高速照射と最大8mmφのスポットサイズにより、全顔にわたる広範囲の治療も素早く行えます。

レーザーの種類 Nd:YAG
発振波長 532nm 及び 1064nm
パルス幅 6nsec(最高出力時)
最大出力 532nm:5.1J/cm2 (2〜3mmφ)
1064nm:12.7J/cm2 (2〜4mmφ)
繰り返し照射数 10Hz(最大)
スポットサイズ 532nm:円形 2〜8mm *
1064nm:円形 2〜8mm * 六角形 3, 4.5, 6mm(対角) ※六角形はオプション
冷却方式 水冷方式
外形寸法 415(W) X 645(D) X 820(H)mm 多関節アーム含まず
重量 91.7kg
定格電源 200 V、 3.9 kVA、 50 / 60 Hz
医療機器製造販売承認番号 22700BZX00152000
クラス分類 クラス
高度管理医療機器・特定保守管理医療機器・設置管理医療機器
レーザー製品のクラス分け クラス4
製造元 Fotona d, o, o
製造販売元 株式会社ジェイメック
販売名 QスイッチヤグレーザーQX
使用目的、効能又は効果 体表面の刺青と色素性病変の治療
1064nmは、太田母斑、異所性又は持続性蒙古斑、外傷性色素沈着症等の深在性色素性病変及び黒青系の色の刺青の治療に使用する
532nmは、扁平母斑、雀卵斑、老人性色素斑等の表在性色素性病変及び赤系の色の刺青の治療に使用する
* 公称値

※商品の仕様、外観および価格は改良のため、予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
お問い合わせ・資料請求はこちら

※クリックすると、下に「お問い合わせフォーム」が表示されます

弊社へのお問い合わせはこちらのフォームからお問い合わせください。

* 印は必須項目ですので、ご記入をお願いいたします。
*氏名
例) 山田 太郎
*施設名
例) ABC美容外科
*属性
*診療項目
郵便番号 例) 113-0034
*ご住所の都道府県
*市区町村番地
例) 文京区湯島3-31-3
建物名
例) 湯島東宝ビル
*e-mail (半角英数字で)
例) sample@sample.co.jp
*TEL 例) 03-5688-1803
FAX 例) 03-5688-1805
*ご希望の対応方法
※複数選択可
※メールでの対応をご希望の場合であっても、内容によってはお電話をさせていただくこともあります。予めご了承くださいませ。




*お問い合わせの商品
※複数選択可























*お問い合わせ内容
(1000文字以内)

※次の画面で入力した内容をご確認ください。

関連製品